乾癬ってどんな疾患、どんな症状?

皮膚の疾患である乾癬がどんな病気で、どんな症状なのか知っていますか?

乾癬は皮膚の慢性疾患であり、遺伝が関係していると言われていて、ストレスが原因で痒みを伴う発疹などの症状が出るのですが、赤い発疹や白色の鱗屑など症状は様々なのです。

白血球の免疫異常によって発症すると言われていて、乾癬の皮膚は通常よりも新陳代謝のサイクルが短いため、痛みや痒みを伴う発疹が出て、角化細胞が鱗屑になって剥がれ落ちるのだそうです。

乾癬にも種類があり、もっとも多いと言われている尋常性乾癬は市販薬では治りませんし、滴状乾癬は30歳未満で発症する事が多く、皮膚炎や皮膚の赤みなどの症状が出るのです。

膿疱性乾癬は痒みや痛みだけでなく、高熱や関節痛、浮腫みや倦怠感などの症状が出るという事ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。