アニサキス症の特徴と予防方法とは?

魚介類を食べた時に胃が痛くなったりするアニサキス症は、どんな特徴があるのでしょうか?

そもそもアニサキスは寄生虫の一種であり、糸のように細いという特徴があり、このアニサキスの幼虫などが含まれた生食の魚介類を食べる事によって発症するのです。

アニサキス症の90%は胃で発生すると言われていて、日本では寿司など生魚を好んで食べられているため、年間7千例ほど報告されているのだそうです。

胃や腸を突き破ろうとしてアニサキスが潜り込み、炎症を引き起こして激痛が起こるのです。

アニサキスが胃に居たら食後8時間以内に症状が発生して、アニサキスが腸に居たら数時間から数日以内に発生すると言われていますよ。

アニサキスがよく寄生する魚は幾つかあり、アジや鯖、カツオやサンマ、鮭や鰤、スルメイカなどから発見される事があるそうです。