白血病ってどんな疾患?症状と原因について

スポーツ選手が診断されたため白血病が有名になりましたが、そもそも白血病とはどんな病気なのか知っていますか?

白血病は血液のガンであり、日本では人口あたり男性は11人くらい、女性は8人くらいが発症すると言われていて、急性や慢性、リンパ性や骨髄性など幾つか種類があるのです。

例えば、骨髄から造血幹細胞が作られて骨髄系幹細胞になり、白血球になるはずの細胞がガン化して骨髄性の白血病になるという事ですが、リンパ性の方はリンパの細胞がガン化する事によってリンパ性の白血病になるそうです。

白血病になる原因として、ウイルスや放射線や化学物質などが考えられますが、遺伝的にはあまり関係ないのだそうです。

症状として、疲労感や息切れ、出血が増えたり傷の治癒が遅くなり、高熱や感染症になりやすく、食欲がないなどの症状があるという事ですよ。