高血圧ってどんな疾患?

血圧が高い状態を高血圧と呼びますが、高血圧はどんな事が原因でなる疾患なのでしょうか?

高血圧は遺伝が関係しているだけでなく、普段から飲酒や喫煙をしていたり、塩分を過剰に摂取したり、肥満の人やストレスなど環境的な原因によって高血圧になると言われていますよ。

高血圧になっても何か症状が出るわけではないため、高血圧になると脳卒中や心不全、心筋梗塞や狭心症、動脈瘤破裂などが気づかないうちに症状が進んでいるというサイレントキラーな怖い疾患だとも言われているのです。

高血圧は早期発見が大切ですから、家庭で朝と夜にきちんと2回ずつ血圧を測って平均値を出して、数値が高血圧だった場合には早めに病院を受診して様々な症状を予防しましょう。

逆流性食道炎ってどんな疾患?

食事をした後に胃から酸っぱい水が上がってきたり胸焼けがしている人は逆流性食道炎かもしれませんが、逆流性食道炎はどんな疾患なのでしょうか?

逆流性食道炎は胃の胃酸や胃液が逆流して食道まで上がってしまい、食道で炎症が起こるという疾患ですが、胸焼けと酸っぱい水が上がるというのが主な症状なのです。

逆流性食道炎の原因は幾つかあり、高齢化によるものと食事の欧米化、肥満が関係していると言われています。

特に高齢になると胃周辺の筋肉が緩くなり、肥満体型の人は胃が圧迫されやすくなり、普段から甘い物や辛い物、脂肪分が多い物を食べすぎるのも胃酸が増えるので良くないのです。

放っておくと食道癌になってしまう可能性もあるという事ですから、食生活を改善したり薬による治療を受けて改善しましょう。

痛風ってどんな疾患?どう対策すればいい?

足の親指や足首など足の関節に痛みが出る痛風とはどんな疾患で、どんな対策方法があるのでしょうか?

昔はお金持ちがかかる贅沢病だと言われていましたが、年々痛風患者は増加傾向にあり、食生活の欧米化が関係しているのです。

痛風は突然前触れもなく激痛の発作という症状が出ますが、尿酸値が高い高尿酸血症の状態を放っていると隠れた他の疾患が出てくる場合もあるのだそうです。

激痛が出るまで自覚症状がなく、正しい治療を受けないと発作が再び出たり再発する事も考えられますよ。

腎臓からの排泄が少なかったり、体内で生成される尿酸が多かったりすると、尿酸が関節に溜まってしまい関節炎を引き起こすのです。

アルコールやプリン体を含んでいる食事を控えたり、きつい靴を履かないようにすると良いのだそうです。

アニサキス症の特徴と予防方法とは?

魚介類を食べた時に胃が痛くなったりするアニサキス症は、どんな特徴があるのでしょうか?

そもそもアニサキスは寄生虫の一種であり、糸のように細いという特徴があり、このアニサキスの幼虫などが含まれた生食の魚介類を食べる事によって発症するのです。

アニサキス症の90%は胃で発生すると言われていて、日本では寿司など生魚を好んで食べられているため、年間7千例ほど報告されているのだそうです。

胃や腸を突き破ろうとしてアニサキスが潜り込み、炎症を引き起こして激痛が起こるのです。

アニサキスが胃に居たら食後8時間以内に症状が発生して、アニサキスが腸に居たら数時間から数日以内に発生すると言われていますよ。

アニサキスがよく寄生する魚は幾つかあり、アジや鯖、カツオやサンマ、鮭や鰤、スルメイカなどから発見される事があるそうです。

コロナウイルスの症状と特徴とは?

現在世界中で流行っているCOVID19に感染してしまったら、一体どんな症状が出る事が考えられるのでしょうか?

そもそも新型コロナウイルスとは動物や人間の間で感染症を引き起こすウイルスの事ですが、今回のウイルスの構造はコウモリから見つかったコロナウイルスと一致しているのだそうです。

ウイルスが人間の細胞に入って増殖し、他のウイルスも感染していくという事ですが、RNAウイルスは変異しやすいウイルスでもあるのだそうです。

アメリカによると、もし感染した場合には熱や咳や息切れなどの症状が出ると言われていて、さらに頭痛や喉の痛みなどインフルエンザと似たような症状も出るのだそうです。

また、味覚や嗅覚の異変などの症状が出る人もいるそうですが、症状が軽い人は感染した事に気がつかないで他の人に移してしまう危険性があるので行動には気をつけましょう。

風邪の時に飲む薬とは?

風邪を引いた時に病院で抗生物質を処方される事がありますが、これは本当に有効なのでしょうか?

抗生物質は耐性菌が多くて、少しずつ効かなくなってくると言われていますが、日本では抗生物質を処方される事が多いので、薬剤耐性菌の感染が危惧されているのです。

風邪の症状の殆どがウイルスの感染が原因なのに、処方される抗生物質は基本的に細菌に対して効果を発揮し、ウイルスには効果がないと言われていますよ。

不必要に抗生物質を服用してしまうと、除菌率が下がって抗生物質が効かなくなるという事ですし、腸内環境を壊して下痢などの症状を引き起こすのだそうです。

薬に頼らずに自分の免疫で治す事も大切ですから、子どもの免疫を信じたり、リスクを理解した上で補助的に服用するようにしましょう。

乳腺炎ってどんな病気?

生理前に乳房に何らかの変化を感じた事のある方もいるかもしれませんが、女性特有の病気である乳腺症は、どんな症状があるのでしょうか?

乳腺症は加齢に伴い乳腺がゴツゴツとしてくるという症状であり、30台以降の女性に多いと言われています。

これは女性ホルモンが不均衡になっている事が原因であり、基本的に良性である事が多いので、発症しても経過観察になるのだそうです。

生理前に症状が表れて、乳房が張ったり、乳腺に痛みを感じたり、乳頭に分泌物が出たり、しこりを感じたり、乳がんとよく似た症状が出るので気になる方は病院を受診しましょう。

流産や中絶の経験がある方や出産回数の少ない方、授乳の経験がない方や授乳する期間が少なかった方、脂肪摂取量やストレスが多い方に多いと言われていますよ。

乾癬ってどんな疾患、どんな症状?

皮膚の疾患である乾癬がどんな病気で、どんな症状なのか知っていますか?

乾癬は皮膚の慢性疾患であり、遺伝が関係していると言われていて、ストレスが原因で痒みを伴う発疹などの症状が出るのですが、赤い発疹や白色の鱗屑など症状は様々なのです。

白血球の免疫異常によって発症すると言われていて、乾癬の皮膚は通常よりも新陳代謝のサイクルが短いため、痛みや痒みを伴う発疹が出て、角化細胞が鱗屑になって剥がれ落ちるのだそうです。

乾癬にも種類があり、もっとも多いと言われている尋常性乾癬は市販薬では治りませんし、滴状乾癬は30歳未満で発症する事が多く、皮膚炎や皮膚の赤みなどの症状が出るのです。

膿疱性乾癬は痒みや痛みだけでなく、高熱や関節痛、浮腫みや倦怠感などの症状が出るという事ですよ。

白血病ってどんな疾患?症状と原因について

スポーツ選手が診断されたため白血病が有名になりましたが、そもそも白血病とはどんな病気なのか知っていますか?

白血病は血液のガンであり、日本では人口あたり男性は11人くらい、女性は8人くらいが発症すると言われていて、急性や慢性、リンパ性や骨髄性など幾つか種類があるのです。

例えば、骨髄から造血幹細胞が作られて骨髄系幹細胞になり、白血球になるはずの細胞がガン化して骨髄性の白血病になるという事ですが、リンパ性の方はリンパの細胞がガン化する事によってリンパ性の白血病になるそうです。

白血病になる原因として、ウイルスや放射線や化学物質などが考えられますが、遺伝的にはあまり関係ないのだそうです。

症状として、疲労感や息切れ、出血が増えたり傷の治癒が遅くなり、高熱や感染症になりやすく、食欲がないなどの症状があるという事ですよ。

実は病気かもしれない?肌の症状とは

実は肌の状態が、病気に関係しているかもしれないと言われていますのでご紹介いたします。

疾患によっては、初期症状や自覚症状が殆どなくて知らぬ間に進行するものも多く、健康診断などを受けて病気を発見するという事があるかもしれませんが、病気の中には肌から症状が分かる場合もあるのだそうです。

紫外線などによるシミが肌に突然表れたという場合には、副腎不全やアジソン病という疾患の可能性があると言われていますし、白斑は肌の色素が白くなるという症状ですが、尋常性白斑という疾患が考えられるのだそうです。

発疹は突然発生した場合には、アレルギーや副作用によるもの、水疱瘡など様々な要因が考えられるのですが、肌に気になる症状があるのであれば深刻化する前に医師に相談をするのがオススメですよ。