手術を受ける前に知っておきたいこと

手術を受ける際にどんなことを行うのか、家族はどんな対応をすべきなのか、不安に感じることもあると思いますのでご紹介いたします。

手術前日までの準備として看護師から手術衣が渡されて、手術前に着る下着や手術後に着用する下着は売店などから患者さんに準備してもらう場合がありますよ。

当日は、装飾品は身に付けずに、支給される術前食の飲料水を決められた時間に飲んでから手術衣と下着に着替えましょう。

手術室は看護師と一緒に向かい、ご家族が同伴できるかどうかは各病院によってことなりますが、お子さんの場合には、ご家族の同伴が認められる場合があり、麻酔により眠るまで付き添うことができますよ。

専用の帽子を着用したら、歩きかストレッチャー、車椅子を使用して入室する場合があり、患者さんの状態や情報を確認してから手術室に入るのです。

医療法の解説

医療法の改定に関する解説をされている動画です。
特定機能病院における医療の高度の安全の確保について特定機能病院において医療安全に関する重大な事案が発生したことを踏まえて、適切な管理者の戦意や監査委員会に設置等の措置がぎむぢ蹴られています。
 
また医療に関して広告規制を見直しており、医療機関のサイトなどの表示の適正化のために虚位のものや誇大な表示等を禁止しています。

ゲノム医療の実用化に向けて遺伝子関連検査の制度を確保するために制度基管理の基準を明確にして医療の技術にあわせた検体検査を見直すことが義務化されています。

心筋梗塞の予兆とは?

心臓病は、日本だけでなく世界でも深刻な問題として取り上げられており、その中でも心筋梗塞には、1ヶ月前に予兆があると言われているのです。

心筋梗塞とは心臓の動脈が硬化することで、血栓が詰まってしまい、血液の流れが滞る病気ですが、心筋が壊れていきますので、心筋梗塞起こして万が一助かったとしても、壊死した筋肉や血管は回復することがないので注意が必要なのです。

心筋梗塞は迅速に対処しないと命にも関わる病気ですので、心筋梗塞になる前の前兆を見極めて早急に対処する必要があり、心筋梗塞を発生した8割もの人に兆候が見られているそうですよ。

前兆として、疲労感のある方、胸の圧迫感や息切れ・動悸、背中の痺れや冷や汗、めまいなどを感じるという方は病院に行き検査したほうが良いでしょう。

クリニックの選び方

体調が悪い時にクリニックや医院にいく時、かかりつけ医がいるととても安心なのは皆さんも分かっていますよね?かかりつけ医には自分の体調をこれから何度も診てもらうわけですので、慎重に信頼できる医師を選びたいと思うのが普通なのです。では、一体どうやってかかりつけ医を探せば良いでしょうか。

良い医師、というのはある程度の指標があっても、結局はその医師との相性もありますので、皆が良いと言っていていても自分には合わない場合があったりします。
そこでまずは、自分が気軽に相談しやすいかかりつけ医を探すことが第1で、通いやすさやある程度の周囲からの評判を聞いて、その中から、さらに自分が合うと思う医師を探してみることをおすすめ致します。

探す際は、症状や治療方法、薬についてもしっかり説明してくれたり、必要に応じて専門医へ取り次ぎをしてくれたり、それぞれのライフスタイルを尊重した健康管理のアドバイスをしてくれる等、チェックポイントとして覚えておくと良いそうですよ。

痔の効果的な治療方法

痔は男性がなりやすいものだと思っている方も多いかもしれませんが、実際の割合は男女半々であり、便秘を起こしやすい女性の法が痔になりやすいのだそうです。

場所が場所なので恥ずかしがって病院に行かず、焼けるような不快感などの症状に悩まされている方も多いみたいですが、自宅にいながら症状を軽減することができるとのことですから、実践して症状を緩和させましょう。

健康食品等に含まれているのをよく見かけるアロエベラは、炎症を鎮める効果があり、アロエベラのジェルを患部に塗り込むだけで痔の痛みや痒みといった症状を和らげることができますし、ジャガイモの脱水効果を利用するのもおすすめで、カモミールの花には消炎作用があったりしますので、実践してみましょうね。

ヘルニア手術

今や国民病とも言えるくらい多くの人々が腰痛に悩まされていますが、その腰痛には様々な種類があり、感じる痛みや部位も様々、原因も複数あったりするのです。

その中でも腰痛が顕著な椎間板ヘルニアは、椎間板から骨が神経を圧迫することにより、症状として咳や歩くだけでも強い痛みが生じるものであり、痛みにより寝ることや食事もままならないままならないため、寝たきりになる患者もいる疾患なのです。

しかし、この疾患、とある病院では、たった3時間の手術で痛みも無く、身体も切らずに治すというペルド手術という治療方法が話題になっているそうです。
従来、ヘルニアの症状が深刻化して大きくなってしまった場合に、背中を切って手術を行う必要があるのですが、ペルド手術では内視鏡を使用してヘルニアを取り除くので、身体への負担も少なくて済むのです。

がんの原因は食べ物!?

最近では、がんは治る病気だと言われたりしますよね。そんながんですが、遺伝以外にも原因があるらしいですよ。がんとは、発がん物質が正常細胞をがん細胞に変化させ、増殖することで身体に有害な症状を及ぼす病気のことです。

がんは生活習慣病であることが前提ですと、遺伝子的要素でがんになる確率は5%以下であり、生活習慣が主な原因で、がんの主な原因は発がん物質か発がん物質を活性化させる体内の状態だったりします。

発がん物質となるものは、煙草、産業廃棄物・排気ガス、食物(加工食品)で、発がん物質の代謝を活性化させる酵素は動物性蛋白質で肉製品・乳製品ががん細胞を活性化させる酵素を多く含んでいたりするようです。

がんを予防するには、植物性蛋白質(大豆)を多く摂取することでがん細胞の活性化を抑える効果があるそうで、食生活では、動物性食品を減らすという考えよりも植物性食品を増やすという考えが大切なのです。

糖尿病の予防の必要性と治療法

国民病とも言える糖尿病は、予備軍なども含めると成人の約5人に1人いると言われており、推定2千万人以上もの人がいるかと思われます。そのうちの4割は病院で受診したり適切な治療も行っていないのが現状だそうです。

糖尿病を放置しておくと、多くの合併症を発症する恐れがあり、脳梗塞や動脈硬化、心筋梗塞などを引き起こすことが考えられており、最悪の場合死に至ってしまうのです。
その他にも、糖尿病の合併症により失明してしまったり、人工透析や足の切断を行うこともありえるそうなのです。

糖尿病の検査はとても簡単で、血液検査やセンサーにより血糖値を調べることで、測定することが可能になっており、糖尿病にも種類があるそうです。
特に2型糖尿病は、生活習慣の乱れが関係していますから、是正する必要があり、食事療法と運動療法を行ったり、糖尿病の治療薬(インスリン)等使って糖尿病を改善していきましょうね。

愛知医科大学病院

こちらの病院では、最新医療を取り扱っていますので治療しやすいそうですよ。

ハイブリット手術室を導入しており、こちらでは、高精度、高画質での血管造影と手術が同時に可能なのです。高精度放射線治療装置もあり、がん治療ができ、正確で高出力な照射により、放射線治療を短時間で行うことが可能になっています。PET-CT装置では、最先端PET技術とCT画像を併用することで、がんの早期発見が可能だそうです。より繊細な検査が実現したのは、3T MRI装置によるものらしく、従来の2倍の静磁場強度で診断制度が大きく向上したそうです。2管球搭載CT装置では高速撮影や低被ばく撮影が可能で、心臓CTにも威力を発揮するそうです。

きちんとした装置があるだけで、その病院に来院したくなりますよね。愛知に住んでいる方で通わせることができるなら、通ってみてはいかがですか。

潰瘍性大腸炎の再生治療

潰瘍性大腸炎は、患者が16万人以上ととても多くの人が難病にかかっているのです。こちらの治療法が、薬療法という形だけなのです。どうにか難病を完治できないかと言うことで、東京医科歯科大学グループから、世界初の臨床研究計画が提出されたのです。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜が炎症を起こし、激しい腹痛・下痢を繰り返す病なのです。症状が悪化すると大腸がんのリスクが高まり、患者の5%は重症化で大腸そのものを摘出しないといけないそうですよ。

東京医科歯科大学の臨床研究計画は、再生医療の技術で大腸の働きを再生・完治を目指すものです。その方法は、粘膜や組織を作り出す大腸上皮幹細胞を取り出します。培養して体外で幹細胞を増やしたら、増やした幹細胞を潰瘍を起こしている所に移植治療をすると大腸上皮の再生ができるそうなのです。
早くて、来年の春には手術するそうですので、発症している方、藁にもすがる思いで試したいですね。