行徳総合病院

日本最大級の人間ドックプランを設けている等、患者の事を第一に考えたシステムが多く整っているのがポイントです。
他にも3ヶ所の駅から無料送迎バスが出ていますので、通院するにもお見舞いに行くにも便利に利用してもらう事が出来るでしょう。

また併設施設として、介護に関する支援センターや高齢者の方を様々面でサポートしてくれる公的相談窓口、訪問介護ステーションも整っていますので、病気や怪我以外でも支援してもらえるのが嬉しいですね。
緊急病院として24時間365日対応してくださいますから、万が一急に重大な病、怪我に見舞われてしまった時にも心強い病院だと言えます。

そして患者に安心して過ごしてもらえるよう、医師を含めたスタッフ全員が「本物の笑顔」を絶やさない事を心がけていてくださるので、それだけでも不安を感じずに信頼することが出来るでしょう。

白内障手術をする時の病院選びのポイント

白内障の手術を受けなければならなくなってしまった時、より安全に、そして自分が望んでいる通のに白内障の手術を受ける為にはどういった病院選びをすればいいのでしょうか。

白内障の手術でも色んなメディアに出演するような、所謂『名医』と呼ばれる医者や、街中の病院でも手術を行なっている医者もいらっしゃいます。
まず病院を選ぶ時は、それぞれにメリットとデメリットがある事を覚えておきましょう。

例えば名医と呼ばれるような有名な医者は、自分の腕に自信を持っていたり、自分のやり方がハッキリと決まってしまっている方が多いので、患者の希望に添えない事も多々あります。
しかし有名な分、様々な手術を行なってきている実績の多さがあり、腕の良さに期待が出来ますので、安心して手術をしたい場合には最適です。
また近くで手術を行なっている病院等は、大きい病院よりも融通が利きやすい、そして通いやすいのが大きなメリットでしょう。
特に白内障手術は手術をして終わりではないので、この通いやすさは非常に重要なポイントだと思います。
またこれはどの医者でも言えますが、万が一手術を受けて合併症が発症してしまった場合、近くの医者ですとどうしても「医者が悪かったのではないか」と思ってしまう方もいると思います。

遠くても実績がはっきりした、安心して手術が受けられる病院がいいのなら前者を、話しをしっかり聞いてくれたり親身になって治療に臨んでくれる病院がいいのなら後者を選ぶ等、それぞれの性格に合った方を選ぶと満足のいく治療を受けられるでしょう。

愛知医科大学病院

高度な専門医療機能を備えられている病院で、より精密で確実性のある手術、診療を実現しています。
特に近年増加傾向にある血管内治療を見据えたハイブリッド手術室は、手術用寝台、支援機器、周辺設備等を統合しており、総合的に高度な治療を可能としていることで注目を浴びています。

また麻酔外来周術期センターを新設しており、日帰り手術や短期の入院手術に対応する事で、患者の早期社会復帰・自立活動への徹底的サポートを行なっているのも特徴です。
こちらは手術室とも隣接しているため、手術時の患者の負担軽減、スムーズで効率的な麻酔業務にも期待が出来ます。

そして脳や脊髄等の危険性の及ぶ箇所に病巣がある場合にも安心、安全に治療の出来る高精度放射線治療装置も完備していますので、正確で高出力な照射により、短期的な放射線治療を行なえるのもポイントでしょう。