食道がんの最新治療

早期発見も難しく毎年約1万人の方が亡くなっている食道がんの最新医療として、導入療法が注目を浴びています。

この導入療法とはすぐに外科手術を行なうのではなく、先に抗がん剤や放射線治療で癌をダウンステージさせることで、小さくなった癌を手術で取り除くという方法です。
これにより癌が大動脈に侵入してしまっていて手術が非常に困難な状況であったとしても、導入療法で癌を小さくすることで大動脈から綺麗に外せるようになります。
一昔前では手遅れと言われていた癌も治療できる可能性が広がったので、諦めるということが滅多になくなるのです。

そして将来有望されている治療として、免疫療法と呼ばれるものも登場しました。
こちらは癌細胞が他の細胞と少し違う点を上手く利用し、免疫細胞に癌を認識させることで免疫力で癌細胞を攻撃する治療方法になります。

大腸内視鏡検査とは

今回は大腸内視鏡検査がどういったものなのか、そしてこの検査でどういった病気を発見できるのかをご紹介致します。

まず大腸に炎症が起こることで出来る潰瘍の状態を見つけることが出来ます。
大腸が炎症を起こす原因は様々なことが考えられるため、検査後の医師の話をしっかりと聞いて原因を取り除くようにしましょう。
続いて大腸にくぼみが出来てしまう「憩室」と呼ばれるものも良く発見される異常の1つで、特に高齢者に多く見られます。

またポリープを発見できるのも大腸内視鏡検査の特徴で、小さいものの殆どが良性ですが、そのまま放置しておくことで大きくなって悪性になってしまう事もありますので、早期発見が大切なものに1つになります。
ポリープは小さいものなら内視鏡で取ることも出来るので、医師の判断でそのまま取られることも良くあります。

このように大腸内視鏡検査では多くの大腸の異常を的確に見ることが出来ますので、排便に関することやお腹に関する症状などで気になる事があるのなら、是非医師に相談してみてください。

桜十字病院

桜十字病院は熊本県熊本市南区にある、県内最大規模の総合病院なのです。
病院の名前の由来は癒やしの力をもつ桜と、人々が交わるという意味を持つ十字を合わせて桜十字病院と名付けられたといわれています。
2005年に新しく誕生し科も19と幅広く、多くの患者さんに寄り添えるような病院になっています。

様々な医療機能を保持しており、一部になってしまいますが紹介させていただきます。
まずは一般病棟で検査をし全身状態を把握したのち、今後の方針を決定していくのです。
リハビリテーション科では、セラピスト80名で患者さんに合ったリハビリ方法を立案してリハビリを行っています。

愛知医科大学病院

手術フロアーは年間1万件以上の手術に対応できるように、19室に手術室を完備してある大きい病院です。
そのうち一室は血管造影と手術ができるハイブリット手術室があり、カテーテルを血管に挿入し治療を行うインターベンション主義と外科的主義の両方を1室で行うことが可能なのです。

ガン医療における放射線治療は、外科治療と薬物治療とともにガン治療にかかせない治療になっていますが脳や脊髄に病相がある場合や、十分な線量を照射できない治療に対して正確で高質力な照射が可能となりました。
これによって治療にかかる時間が短縮され、より正確な治療を行える最新機器が導入されています。

メディカルケア虎ノ門

メディカルケア虎ノ門は、東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 4番出口より徒歩2分にあり、ちょっと離れたところに住んでいるいる人も駅から近く通いやすい病院になっています。
ここは、リワーク外来というのをしており、うつ病で悩んでいる人を社会復帰させることを取り組んでいて、患者は会社のように部署ごとに別れて、それぞれに振り分けられた業務に携わり擬似的な体験をしながら、仕事への復帰を目指すというリハビリを行っています。

うつ病とは、ストレスなどが原因でゆううつな気分・不眠・意欲や活力の低下が続いてしまう病気で1年間で約3万人の自殺者のうち、うつ病による自殺者は約6,500人にのぼりもっとも多いとされています。
死にもつながってしまう病気をいかに治すかを日々、医者たちは模索しています。

最新医療でうつ病を治す方法とは

うつ病にかかってしまうと、復職しても2年後には75%もの患者が休職してしまうというデータがありますから、リハビリや治療で心のケアをしっかりと行う必要があります。

現代人はストレス社会に生きていますから、うつ病患者も年々増加しておりますし、死につながる病なので、周囲の人がうつ病になった時のために最新の治療を理解しておきましょう。

基本的には処方される抗うつ薬による治療を行いますが、薬で効果が得られない場合には、特定の病院でTMS(径頭蓋磁気刺激)という新しい治療を受けることができます。

うつ病の人は前頭葉の活動が低くなるため、血流が減少してしまいますので、TMSで電流を流して刺激し、うつ病を改善させる効果が期待できますよ。

戸田中央総合病院

50年以上前に開院して以来、市民病院のない戸田市で24時間365日の救急体制が整っていて、地域に密着した病院として患者さんへ医療を提供しており、健康維持・促進に努めています。

内科や小児科、外科をはじめ、皮膚科や神経内科、眼科や脳神経外科、呼吸器科や消化器内科、泌尿器科、放射線科などの診療科を利用することができますので、高い技術を持っている医療スタッフや最新の医療機器により、頭から全身まで様々な症状に対応できますよ。

ガン治療や医療福祉、リハビリテーションやカウンセリングなども利用できたり、最新の医療機器や医療用ロボットを導入していますので、満足のできる医療が受けられますし、医療者間でのコミュニケーションの促進しており、安全管理体制も整っているので、信頼できる病院です。

八潮中央総合病院

埼玉県八潮市にある病院で、高度な医療が受けられるので、昭和48年に開設以来多くの地域住民から支持されていますよ。

治療からリハビリや療養まで、全てを病院内で解決できますし、チーム医療として様々な専門家が患者さんをサポートいたします。

地域から信頼される病院を目指していて、紹介医療や緊急患者の受け入れも積極的に行っていて、総合病院としての機能も充実していますし、11科の診療科と様々な医療が受けられるので、病院をお探しの方はぜひご利用ください。

一般病棟は184床、他にも障害者用の病棟やリハビリ用の病棟があり、無料の送迎バスが運行していますし、女性向けの健診では医師や技師が全て女性なので、入院や外来だけでなく健診にもオススメの病院ですよ。

最新医療は人間の寿命と遺伝に影響する?

日本人の寿命は、今年も女性が世界一位の86,8歳で長寿大国になっていますが、人間の寿命がさらに延びる可能性があるとのことです。

すでにマウスの実験では、年老いたマウスへ幹細胞を注射することにより、細胞が若返りを起こし、寿命が3倍になるという結果になっていますが、これを人間に応用することになれば、200歳まで生きられるという計算になっています。

ワキガなどの病気に関しても、現在悩んでいる方も多いかもしれませんが、ワキガとは体質で決まるものであり、遺伝子診断によりワキガの子どもが生まれてくる可能性などが分かりますし、ワキガは100%治る病気になっています。

うつ病の診断でも、血液を分析するだけでうつ病のパターンの判定ができるようになっています。

https://www.youtube.com/watch?v=TlK7WNJbrz4

日本海総合病院

山形にある県立日本海病院と私立酒田病院が統合再編し、総合病院として生まれ変わりました。

庄内の医療の中核を担っていて、日本海総合病院では内科から外科、小児科や産婦人科、精神科や救急科など、25の診療科があり、外来と入院ができます。

救急医療や高度専門医療、災害医療や感染症医療に対して強化を行っていて、地域で初となる救命救急センターでは重症患者に対して24時間体制で高度な医療を提供できます。

ハイブリット手術室では最新の医療機材が揃っているので、より精度の高い医療が行えますし、地域がん診療連携拠点病院にも指定されているので安心して利用しましょう。

地域住民に寄り添った取り組みも充実していて、院内コンビニやカフェベーカリー、情報の発信も積極的に行っています。