胃がんの最新治療は栄養が大切?

胃がんは、早期発見や早期の治療ができれば、95%の確率で完治することが可能な治りやすい疾患であり、食事や栄養について気を使うことにより、ガンの治療に立ち向かうための体力を付けることができると言われています。

ガンと上手く付き合うためには、バランスの良い栄養や食事を摂取することが大切だと提唱されるようになっていて、体重の量も術後の生存率に関係していますので、体重を減らさず健康的な体を手に入れるにもしっかりと食べましょう。

胃がんの手術後は体重が減りやすいと言われていますが、体重が減少することにより、今後の治療にも悪い影響を及ぼしたり、生活の質が低下するとのことですから、術後の体重減少を抑えるために、ゆっくりとよく噛んで食べて栄養摂取しましょう。

うつ病

うつ病は最近、ストレスが増える環境下にあるからか、5人に1人、一生に1回、うつ病にかかってしまうとのことで、他人事とは言えないくらい増加しています。
うつ病治療中、そうでなくても、悪意ある情報等にも注意しましょう。

うつ病は、基本的に、抗うつ剤を使って治療しますが、それで、効果がない場合は、TMS (経頭蓋磁気刺激) という治療法があります。
うつ病になると、前頭葉の血流が低下するが、この治療を受けると、前頭葉の血流が増量するようです。

うつ病治療していても良くならない例があるようで、その場合はそううつ病の可能性があります。うつ病とそううつ病を見分ける検査機械、光トポグラフィー検査も登場し、分かるようになってきているようです。

糖尿病の治療について知っておこう

現在では、糖尿病を改善するためにカロリーの高い食事を制限したり、インスリンを投与して血糖値を調整するという方法が一般的ですが、それ以外の方法で糖尿病を改善できる方法があるのだそうです。

従来の治療法が合併症を引き起こす危険性もあるとされていて、糖尿病の治療に低インスリン療法が注目されていますので紹介いたします。

高血糖を改善するために炭水化物を抜いたら、湿疹が収まるだけでなく体型改善にも繋がりますし、メタボで悩んでいる人や高血圧の人にもオススメですよ。

高血糖の状態は必ずしも体に悪いというわけではありませんので、糖尿病の治療を受けていて現在なぜか体調が悪いという人は、ぜひ低インスリン療法で改善してみてはいかがでしょう。

口腔外バキューム

1980年代から日本での感染症対策が先駆的に進められ、診療時マスクと手袋の使用及び口腔内バキュームに加え口腔外バキュームの使用を診療現場で行うことができる感染症拡散の予防手段として定着しています。

現在の発展した歯科診療では、エアタービンによる歯牙切削やレーザーメスなどを使用する際に一般的な歯垢菌の他肝炎ウィルスやヘルペスウィルスが1ミクロン以下の粉塵・粉滴に付着し診療室内に漂ってしまいます。

口腔内バキュームは診療時に発生する比較的大きな粉塵・粉滴の70~80%を除去しますが、口腔外バキュームを使用するとその99%以上を取り除くことが可能となっています。

乳がんの最新治療、知っておこう

日本では近年、多くの芸能人が乳がんになったというニュースを耳にしますが、現代の日本では12人に1人が乳がんに罹ると言われていて、患者が増加しているとのことですから、ぜひ検診を行い早期の治療で解決しましょう。

乳房の中には乳腺の組織があり、そういった組織に悪性の腫瘍ができてしまうことにより癌になってしまいますが、癌にはリンパ管や血管から転移するタイプとしないタイプがあり、治療する場合には切除か温存の2種類から選ぶことができるのです。

治療方法は、癌の位置や大きさ、広がり方や数、リンパ節への転移のあるなしなどから判断され、手術前に薬で癌を小さくしてから治療するという方法では、温存法での治療が可能になりますよ。

いびきと無呼吸を治療する方法とは

いびきがひどい人や睡眠中の無呼吸が心配な家族がいる家庭も多いかもしれませんが、日本では5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えていますので問題を解決する方法について紹介いたします。

まず睡眠の症状で病院に行く場合には、呼吸器科や内科などを受診する人も多いようですが、近年では枕外来という新しい分野があるため、睡眠について新たな観点からアプローチすることができるのです。

ある病院の整形外科では、枕は睡眠中の姿勢や寝返りに関係するとされていて、人々が使っている枕が首や骨にどんな影響を及ぼしているのか調べることで、睡眠の問題を解決してくれるのです。

睡眠中に呼吸が止まると、日常の生活にも支障をきたすので、近年ではCPAPという治療方法が勧められています。

脳梗塞の最新治療を知ろう!

脳梗塞は脳の血管が詰まることにより起こる疾患であり、日本人の死因4位に位置していて、年間6万人以上もの人が脳梗塞のため死亡しているのです。

死亡は免れたとしても、言語や運動機能に後遺症が残ることが考えられますので、回復したい場合には適切な治療を受ける必要があります。

脳梗塞は脳卒中の一種であり、血栓は時間が経過するごとに大きくなるとされていて、詰まってしまうと脳へ酸素や栄養などが行き渡らないので、早めに処置しなければ脳の広範囲の細胞に障害が残ってしまうのです。

脳卒中は顔面が左右非対称に動き、腕が上がらなくなったり、発語などに問題が起こるので、血管を再開通させたり、点滴で薬の投与を行う治療が必要になりますが、大きな血栓を取り除くためには管を入れて血栓を回収するという方法もあります。

http://youtu.be/f1k88Op9IuI

病院で処方された薬で花粉症を対策する

スギ花粉で病院を受診する方は2月中旬辺りから出てきますが、花粉症の症状を軽くする為にはこの時期の初期療法が大切です。

スギ花粉が飛び始める1、2週間前からお薬を飲み始めることで、シーズン中のアレルギー反応を軽くすることが出来ます。
その結果、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状を軽減できるので、既に花粉症だと自覚がある方は、症状が出始める前の早めの時期に病院に行くということが大切なのです。

処方されるお薬は鼻水とくしゃみに効果のある抗ヒスタミン薬、鼻づまりの症状に対処する抗ロイコトリエン薬となります。
前者に関しては眠気が生じる可能性がありますので、出来ることなら出来る限り眠気が出ないものを選択する事が大切です。

また、この初期療法の注意点としては、服用を継続することとなります。
せっかくシーズン前から薬を飲んでいたとしても、シーズン中に症状が軽いからと服用をやめてしまうと症状が酷くなることがあります。

麻酔について

手術をする上で麻酔は欠かせないものになりますが、手術で使う麻酔は効果が強いものが多いので不安に感じてしまう方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は麻酔についての説明をまとめてみましたので、是非参考にしてみてください。

麻酔は手術中の痛みを無くし、ストレスから体を守る為に使用されます。
麻酔には手術中に意識がありませんがどの部位の手術にも使える全身麻酔、手術中に意識があり下半身や腕の手術にのみ使われる局所麻酔の2種類があります。
どちらの麻酔が使われるかは患者の状態や手術内容によって変わりますが、事前に手術前診療で麻酔の方法を麻酔科医と相談したり、説明を受けたりしますから、不安な気持ちがある時にはここで色々聞くのも、もちろん構いません。

麻酔前には血圧や心電図、点滴をして麻酔の準備が行なわれます。
全身麻酔の場合にはこの後、点滴から麻酔薬を投与され、数十秒程度で眠りに陥り、眠ってから呼吸を補助する装置が口に入れられます。
手術中は麻酔科医が患者の状態経過を見つつ麻酔薬の量を調整していくので、手術中に目が覚めることはありません。

病院薬剤師の年収は?

病院に勤める薬剤師の年収は、一般病院なのか精神病院の薬剤師なのかで大きく変わってきます。
年収という面で見ると精神病院の薬剤師の方が高いのですが、それにはやはり理由があります。

まず1つ目は精神病院の薬剤師は人が集まりにくいという理由なのですが、もう1つは結構重要で、精神病院から一般病院の薬剤師として転職する時に、精神病院の薬剤師は病院勤務の経験に含まれないと見られる可能性があるのです。
そうしたことから、大体年収は500万〜600万円、更に住宅手当なども別に出してくれるという場合が多いです。

一方で一般病院の薬剤師の場合は、新卒で350万円前後、370万円程度貰っていれば貰っている方となります。
中途採用の場合にも経験が豊富だったり、専門分野に特化しているというようなことがなければあまり変わりません。