ラジオ波焼灼術とは

ラジオ波焼灼術は肝臓がんを死滅させるために行われる治療でラジオ波とは、AMラジオなどの周波数に近い周波数約450キロヘルツの高周波のことで他の医療機器などに使用する高周波と同じものとなっています。

腫瘍の中に直径1.5ミリの電極針を挿入し、ラジオ波電流を流すことによって電極周囲に発生させた熱によって病変を固めていきます。
固まった細胞は細胞の機能が失われてしまったためにまもなく死んでしまうことによってがんの症状を抑えるという手法です。

お腹の中や胸の中にカメラを入れて観察しながら電極を挿入する施設もあり、研究が進められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です