病院で処方された薬で花粉症を対策する

スギ花粉で病院を受診する方は2月中旬辺りから出てきますが、花粉症の症状を軽くする為にはこの時期の初期療法が大切です。

スギ花粉が飛び始める1、2週間前からお薬を飲み始めることで、シーズン中のアレルギー反応を軽くすることが出来ます。
その結果、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状を軽減できるので、既に花粉症だと自覚がある方は、症状が出始める前の早めの時期に病院に行くということが大切なのです。

処方されるお薬は鼻水とくしゃみに効果のある抗ヒスタミン薬、鼻づまりの症状に対処する抗ロイコトリエン薬となります。
前者に関しては眠気が生じる可能性がありますので、出来ることなら出来る限り眠気が出ないものを選択する事が大切です。

また、この初期療法の注意点としては、服用を継続することとなります。
せっかくシーズン前から薬を飲んでいたとしても、シーズン中に症状が軽いからと服用をやめてしまうと症状が酷くなることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です