最新医療は人間の寿命と遺伝に影響する?

日本人の寿命は、今年も女性が世界一位の86,8歳で長寿大国になっていますが、人間の寿命がさらに延びる可能性があるとのことです。

すでにマウスの実験では、年老いたマウスへ幹細胞を注射することにより、細胞が若返りを起こし、寿命が3倍になるという結果になっていますが、これを人間に応用することになれば、200歳まで生きられるという計算になっています。

ワキガなどの病気に関しても、現在悩んでいる方も多いかもしれませんが、ワキガとは体質で決まるものであり、遺伝子診断によりワキガの子どもが生まれてくる可能性などが分かりますし、ワキガは100%治る病気になっています。

うつ病の診断でも、血液を分析するだけでうつ病のパターンの判定ができるようになっています。

https://www.youtube.com/watch?v=TlK7WNJbrz4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です