人工知能を医療へ活用する?

今や人工知能は車や家電に搭載されていたり、人と対話できるくらいまで技術が発展していますが、近年では医療にも導入し、人の命を救う働きをしているのだそうです。

専門医でも難しい診断で、人工知能は特殊な白血病と見抜き、元々は標準的な治療を行っていましたが、AIが別の治療法を提案したことにより命が救われました。

アメリカにある「ワトソン」と呼ばれる人工知能と、東大により癌研究が行われ、数千万件もの論文と薬などの情報を人工知能に学習させているのです。

患者の遺伝子の変化に関する情報と、医学的な論文から分析して、原因となった遺伝子を突き止めますので、どの病気に罹っているのか、適している抗ガン剤の種類を知らせてくれます。

人工知能ですから、情報や根拠もスピーディにしっかりと提示してくれますし、今後の活躍に期待したいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=EY4wZRZqhlE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です