愛知医科大学病院

手術フロアーは年間1万件以上の手術に対応できるように、19室に手術室を完備してある大きい病院です。
そのうち一室は血管造影と手術ができるハイブリット手術室があり、カテーテルを血管に挿入し治療を行うインターベンション主義と外科的主義の両方を1室で行うことが可能なのです。

ガン医療における放射線治療は、外科治療と薬物治療とともにガン治療にかかせない治療になっていますが脳や脊髄に病相がある場合や、十分な線量を照射できない治療に対して正確で高質力な照射が可能となりました。
これによって治療にかかる時間が短縮され、より正確な治療を行える最新機器が導入されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.


関連記事


ランキング


おすすめ記事