アトピーの新薬の効果とは?

アトピーの症状に使われている薬は、この10年新しい物は登場していませんでしたが、この度デュピクセントという新薬が登場したのだそうです。

デュピクセントとは2018年に発売された薬で、腕や太ももへ注射して使用するのですが、人間の体内にて過剰に働いている免疫細胞の活動を抑制するという効果があるそうです。

お値段が8万円ほどという高額な価格設定になっているため、年間で計算すると医療費の自己負担額が高額になってしまう事が考えられるそうです。

薬の使用中はアトピーによる痒みも一時的に治まるとの事ですが、使用を止めてしまうと再び痒みが出る可能性もあるので、根本的に完治させられるわけではないとの事ですから、症状が辛いと感じている人はチェックしてみてはいかがでしょう。