放射線治療によるがん治療

がんの治療法には手術療法、化学療法、放射線療法があり、放射線治療のイメージとしては、正常細胞は放射線を照射しますと一時的にダメージを追いますが、時間経過で回復をします。
一方でがん細胞同様に放射時にダメージをおいさらに正常な細胞と違い、ダメージで消えていくといわれています。

放射線治療の特徴や有用性は臓器や器官を切除せずに治療をおこなうことができ、元の臓器の機能を温存することが出来ます。さらに治療の痛みも最小限にすることができ、麻酔の必要もないとのことです。

放射線治療は副作用も少なく、より高い治療効果を期待することができるようです。