ドクターヘリ

ヘリコプターを使った救急医療活動は世界中で行われており、一般にはヘリコプター救急で知られているかと思います。特に日本では医師がヘリコプターに乗って患者さんの下へ駆けつけることによってドクターヘリということでも知られています。

ドクターヘリの基本的な要件は、医療機器を装備し医薬品を搭載したヘリコプターをしようして病院の敷地内に待機し、出動要請があった場合に医師と看護師が乗って現場へ急ぎます。

患者さんのそばに着陸し、その場でけが人や急病人を治療し、病状に適した医療施設へ患者さんを搬送します。医療スタッフをいち早く救急現場へ送りこむさらに患者さんを迅速に病院に送り届ける重要な役割をもっています。

手術を受ける前に知っておきたいこと

手術を受ける際にどんなことを行うのか、家族はどんな対応をすべきなのか、不安に感じることもあると思いますのでご紹介いたします。

手術前日までの準備として看護師から手術衣が渡されて、手術前に着る下着や手術後に着用する下着は売店などから患者さんに準備してもらう場合がありますよ。

当日は、装飾品は身に付けずに、支給される術前食の飲料水を決められた時間に飲んでから手術衣と下着に着替えましょう。

手術室は看護師と一緒に向かい、ご家族が同伴できるかどうかは各病院によってことなりますが、お子さんの場合には、ご家族の同伴が認められる場合があり、麻酔により眠るまで付き添うことができますよ。

専用の帽子を着用したら、歩きかストレッチャー、車椅子を使用して入室する場合があり、患者さんの状態や情報を確認してから手術室に入るのです。

医療法の解説

医療法の改定に関する解説をされている動画です。
特定機能病院における医療の高度の安全の確保について特定機能病院において医療安全に関する重大な事案が発生したことを踏まえて、適切な管理者の戦意や監査委員会に設置等の措置がぎむぢ蹴られています。
 
また医療に関して広告規制を見直しており、医療機関のサイトなどの表示の適正化のために虚位のものや誇大な表示等を禁止しています。

ゲノム医療の実用化に向けて遺伝子関連検査の制度を確保するために制度基管理の基準を明確にして医療の技術にあわせた検体検査を見直すことが義務化されています。