糖尿病の予防の必要性と治療法

国民病とも言える糖尿病は、予備軍なども含めると成人の約5人に1人いると言われており、推定2千万人以上もの人がいるかと思われます。そのうちの4割は病院で受診したり適切な治療も行っていないのが現状だそうです。

糖尿病を放置しておくと、多くの合併症を発症する恐れがあり、脳梗塞や動脈硬化、心筋梗塞などを引き起こすことが考えられており、最悪の場合死に至ってしまうのです。
その他にも、糖尿病の合併症により失明してしまったり、人工透析や足の切断を行うこともありえるそうなのです。

糖尿病の検査はとても簡単で、血液検査やセンサーにより血糖値を調べることで、測定することが可能になっており、糖尿病にも種類があるそうです。
特に2型糖尿病は、生活習慣の乱れが関係していますから、是正する必要があり、食事療法と運動療法を行ったり、糖尿病の治療薬(インスリン)等使って糖尿病を改善していきましょうね。