認知症予防のワクチン

最近では医療が進歩し、色々なものが開発されています。
最新医療で治療ができるなんて幸せですよね、病気にはなりたくないですが、簡単に直せる治療法があるのでしたら紹介してほしいですよね。

今回は、認知症予防ワクチンについて紹介しようと思います。
アルツハイマー病は脳内で2種類のタンパク質が溜まって分解が起こらずに細胞が死んでしまって発症するのですが、ワクチンでは脳内のタンパク質を分解することで認知症の予防となるのです。
若年性アルツハイマー病が50代で発症することが多いそうですので、50代になる前に認知症の予防ワクチンをうけて見てはどうですか。

がんは遺伝子治療できる?

日本人の死亡原因第1位はがんですが、最近では、がん治療がしやすくなってきていますよ。ですが、難治性のがん治療は今でも難しいのが現状なのです。難しくしている理由は、がん細胞の不均一性だからだそうです。

今のがん治療は手術、化学療法、放射線療法の3種類ですが、患者様の期待に答えるような実績を挙げられてないのが現実だそうです。

しかし、がん細胞の不均一性を減らすという遺伝子治療でしたら、混合診療になりますが、今の治療法と併用して治療すれば今よりも効果があげられるらしいですよ。遺伝子治療を行うことで副作用もあらわれる可能性が有りますが、その体制を作れれば、遺伝子治療の実現ができそうなのです。