うつ病の薬を使わない治療

うつ病は、従来、向精神薬を服用して治療されてきました。
向精神薬だけでは効果なく、他の薬品の併用している人も多いかと思います。
それが、多量多剤摂取に繋がってしまうというケースが有ったりするのです。

心療内科の診断一覧
最近では、薬を使わない治療をすることに、注目が集まっています。その治療法におすすめの人は、気質的・性格的要因によるうつ状態で、薬の効き目を感じない方です。向精神薬の副作用が不安な人にもおすすめですよ。
薬を使わないで治療ができるのは、光療法やカウンセリング、認知療法等の治療法があるのです。こちらの方法は、肩こりや不眠症等を治癒する効果も期待できるそうですよ。

もし発症した場合は、薬だけに頼るのではなく、他の治療法に頼ってみてはどうですか、薬より高い効果が期待できますよ。