近赤外線でがん治療

がんは日本の人の人も発症する人多いですよね。抗癌剤治療ではできなかったことが、近赤外線で出来るようになる日が近づいているようですよ。

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法が開発されたと世界の注目を集めています。
その治療法は、近赤外線免疫治療法といい、米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発したそうです。
開発された新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、殆どのがんに適用できるのです。転移がんにも有効で副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので医療貢献もでき、がん患者のがん治療にも貢献できるようなのです。

順調に研究が進んでおり、研究が大詰めになっているそうなので、早く実装され、治療結果がたくさん出るといいですね。