循環器系の疾患を予防しよう

循環器病の代表といえば脳卒中や心筋梗塞が挙げられますが、ある日突然誰にでも起こり得る症状ですから、今のうちにリスクを減らして健康な体を手に入れましょう。

循環器系の病気の主な原因が動脈硬化ですから、動脈硬化の原因である糖尿病や高血圧、脂質異常などの生活習慣病を日頃から予防することが大切ですよ。

ある日本の都市の住民の健康を調査したことにより、10年間のうちに疾患になりやすいリスクをスコアとして数値として予測されますので、自分や家族は大丈夫かどうか確認してみてはいかがでしょう。

毎年の健康診断で人間ドッグを受けてみることも大切ですが、近年では高度な循環ドッグを利用することもできますので、より詳しく調べて日頃から歩くなどの運動を行いましょう。

新薬でガンを治療?

近年、ガン治療の分野で技術の躍進が注目されていて、来年度にも認可されるという新しい治療方法が話題になっています。

胃がんの原因としてピロリ菌が重要とされていますが、ガンの発生を抑制するためにはピロリ菌を除菌することが大切だと言われています。

これまでは、ガンの治療として放射線や抗がん剤、手術による治療が行われていましたが、新しい「ニボルマブ」という新薬を使う免疫療法が注目されていますよ。

今までの薬では、ガン細胞により免疫細胞の動きが止められていましたが、新薬では今までの三大治療方法で効果が得られなかった患者の3割に効果が出ているとのことですから、日本人の国民病であるガンを改善してほしいですね。

さらに、ナノマシンを使った治療方法も来年度からの活用が期待されていますよ。

胃がんの最新治療は栄養が大切?

胃がんは、早期発見や早期の治療ができれば、95%の確率で完治することが可能な治りやすい疾患であり、食事や栄養について気を使うことにより、ガンの治療に立ち向かうための体力を付けることができると言われています。

ガンと上手く付き合うためには、バランスの良い栄養や食事を摂取することが大切だと提唱されるようになっていて、体重の量も術後の生存率に関係していますので、体重を減らさず健康的な体を手に入れるにもしっかりと食べましょう。

胃がんの手術後は体重が減りやすいと言われていますが、体重が減少することにより、今後の治療にも悪い影響を及ぼしたり、生活の質が低下するとのことですから、術後の体重減少を抑えるために、ゆっくりとよく噛んで食べて栄養摂取しましょう。

うつ病

うつ病は最近、ストレスが増える環境下にあるからか、5人に1人、一生に1回、うつ病にかかってしまうとのことで、他人事とは言えないくらい増加しています。
うつ病治療中、そうでなくても、悪意ある情報等にも注意しましょう。

うつ病は、基本的に、抗うつ剤を使って治療しますが、それで、効果がない場合は、TMS (経頭蓋磁気刺激) という治療法があります。
うつ病になると、前頭葉の血流が低下するが、この治療を受けると、前頭葉の血流が増量するようです。

うつ病治療していても良くならない例があるようで、その場合はそううつ病の可能性があります。うつ病とそううつ病を見分ける検査機械、光トポグラフィー検査も登場し、分かるようになってきているようです。