糖尿病の治療について知っておこう

現在では、糖尿病を改善するためにカロリーの高い食事を制限したり、インスリンを投与して血糖値を調整するという方法が一般的ですが、それ以外の方法で糖尿病を改善できる方法があるのだそうです。

従来の治療法が合併症を引き起こす危険性もあるとされていて、糖尿病の治療に低インスリン療法が注目されていますので紹介いたします。

高血糖を改善するために炭水化物を抜いたら、湿疹が収まるだけでなく体型改善にも繋がりますし、メタボで悩んでいる人や高血圧の人にもオススメですよ。

高血糖の状態は必ずしも体に悪いというわけではありませんので、糖尿病の治療を受けていて現在なぜか体調が悪いという人は、ぜひ低インスリン療法で改善してみてはいかがでしょう。

口腔外バキューム

1980年代から日本での感染症対策が先駆的に進められ、診療時マスクと手袋の使用及び口腔内バキュームに加え口腔外バキュームの使用を診療現場で行うことができる感染症拡散の予防手段として定着しています。

現在の発展した歯科診療では、エアタービンによる歯牙切削やレーザーメスなどを使用する際に一般的な歯垢菌の他肝炎ウィルスやヘルペスウィルスが1ミクロン以下の粉塵・粉滴に付着し診療室内に漂ってしまいます。

口腔内バキュームは診療時に発生する比較的大きな粉塵・粉滴の70~80%を除去しますが、口腔外バキュームを使用するとその99%以上を取り除くことが可能となっています。

乳がんの最新治療、知っておこう

日本では近年、多くの芸能人が乳がんになったというニュースを耳にしますが、現代の日本では12人に1人が乳がんに罹ると言われていて、患者が増加しているとのことですから、ぜひ検診を行い早期の治療で解決しましょう。

乳房の中には乳腺の組織があり、そういった組織に悪性の腫瘍ができてしまうことにより癌になってしまいますが、癌にはリンパ管や血管から転移するタイプとしないタイプがあり、治療する場合には切除か温存の2種類から選ぶことができるのです。

治療方法は、癌の位置や大きさ、広がり方や数、リンパ節への転移のあるなしなどから判断され、手術前に薬で癌を小さくしてから治療するという方法では、温存法での治療が可能になりますよ。

いびきと無呼吸を治療する方法とは

いびきがひどい人や睡眠中の無呼吸が心配な家族がいる家庭も多いかもしれませんが、日本では5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えていますので問題を解決する方法について紹介いたします。

まず睡眠の症状で病院に行く場合には、呼吸器科や内科などを受診する人も多いようですが、近年では枕外来という新しい分野があるため、睡眠について新たな観点からアプローチすることができるのです。

ある病院の整形外科では、枕は睡眠中の姿勢や寝返りに関係するとされていて、人々が使っている枕が首や骨にどんな影響を及ぼしているのか調べることで、睡眠の問題を解決してくれるのです。

睡眠中に呼吸が止まると、日常の生活にも支障をきたすので、近年ではCPAPという治療方法が勧められています。