脳梗塞の最新治療を知ろう!

脳梗塞は脳の血管が詰まることにより起こる疾患であり、日本人の死因4位に位置していて、年間6万人以上もの人が脳梗塞のため死亡しているのです。

死亡は免れたとしても、言語や運動機能に後遺症が残ることが考えられますので、回復したい場合には適切な治療を受ける必要があります。

脳梗塞は脳卒中の一種であり、血栓は時間が経過するごとに大きくなるとされていて、詰まってしまうと脳へ酸素や栄養などが行き渡らないので、早めに処置しなければ脳の広範囲の細胞に障害が残ってしまうのです。

脳卒中は顔面が左右非対称に動き、腕が上がらなくなったり、発語などに問題が起こるので、血管を再開通させたり、点滴で薬の投与を行う治療が必要になりますが、大きな血栓を取り除くためには管を入れて血栓を回収するという方法もあります。

http://youtu.be/f1k88Op9IuI