病院薬剤師の年収は?

病院に勤める薬剤師の年収は、一般病院なのか精神病院の薬剤師なのかで大きく変わってきます。
年収という面で見ると精神病院の薬剤師の方が高いのですが、それにはやはり理由があります。

まず1つ目は精神病院の薬剤師は人が集まりにくいという理由なのですが、もう1つは結構重要で、精神病院から一般病院の薬剤師として転職する時に、精神病院の薬剤師は病院勤務の経験に含まれないと見られる可能性があるのです。
そうしたことから、大体年収は500万〜600万円、更に住宅手当なども別に出してくれるという場合が多いです。

一方で一般病院の薬剤師の場合は、新卒で350万円前後、370万円程度貰っていれば貰っている方となります。
中途採用の場合にも経験が豊富だったり、専門分野に特化しているというようなことがなければあまり変わりません。