日本海総合病院

山形にある県立日本海病院と私立酒田病院が統合再編し、総合病院として生まれ変わりました。

庄内の医療の中核を担っていて、日本海総合病院では内科から外科、小児科や産婦人科、精神科や救急科など、25の診療科があり、外来と入院ができます。

救急医療や高度専門医療、災害医療や感染症医療に対して強化を行っていて、地域で初となる救命救急センターでは重症患者に対して24時間体制で高度な医療を提供できます。

ハイブリット手術室では最新の医療機材が揃っているので、より精度の高い医療が行えますし、地域がん診療連携拠点病院にも指定されているので安心して利用しましょう。

地域住民に寄り添った取り組みも充実していて、院内コンビニやカフェベーカリー、情報の発信も積極的に行っています。

最新医療機器

こちらの動画では最新の医療設備について紹介されています。

愛知医科大学病院にはハイブリッド手術室が備わっており、ハイブリッド手術室は年間1万件の手術に対応するお琴ができるように19室の手術室がそなわっています。

カテーテルを血管に挿入し治療をおこなうインターデンション主義と外科的主義の両方を一室で行うことができます。この設備によって高精度で高画質な血管造営と迅速な手術を迅速におこなうことができます。

高精度フ尾斜線治療装置も治療をおこなっていうのに必要な装置です。薬物治療とともにがん治療にも欠かすことができない治療装置です。

最新のリハビリ医療とは

スポーツや日常生活で起こる怪我や、年齢とともに衰える体、病気により動きが鈍る場合にリハビリを行いますが、高齢化などにより近年ではリハビリ医療の重要性も増しているのです。

リハビリテーションとは、体の能力低下を改善するために、理学療法士や作業療法士などと共に回復に向けてのアプローチを行うことであり、最終的な目標として、元気な状態で家に帰ってもらうということです。

病院によっては、最新のリハビリ機器が備わっていたり、リハビリ用のプールや「アンチグラビティトレッドミル」を使用して、体への負担を軽減させつつトレーニングや運動することができますよ。

自宅のような状況を再現して、ADLを向上させたりして、日々積み重ねることにより、日常生活に戻ることができます。

人工知能を医療へ活用する?

今や人工知能は車や家電に搭載されていたり、人と対話できるくらいまで技術が発展していますが、近年では医療にも導入し、人の命を救う働きをしているのだそうです。

専門医でも難しい診断で、人工知能は特殊な白血病と見抜き、元々は標準的な治療を行っていましたが、AIが別の治療法を提案したことにより命が救われました。

アメリカにある「ワトソン」と呼ばれる人工知能と、東大により癌研究が行われ、数千万件もの論文と薬などの情報を人工知能に学習させているのです。

患者の遺伝子の変化に関する情報と、医学的な論文から分析して、原因となった遺伝子を突き止めますので、どの病気に罹っているのか、適している抗ガン剤の種類を知らせてくれます。

人工知能ですから、情報や根拠もスピーディにしっかりと提示してくれますし、今後の活躍に期待したいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=EY4wZRZqhlE