愛知医科大学病院

高度な専門医療機能を備えられている病院で、より精密で確実性のある手術、診療を実現しています。
特に近年増加傾向にある血管内治療を見据えたハイブリッド手術室は、手術用寝台、支援機器、周辺設備等を統合しており、総合的に高度な治療を可能としていることで注目を浴びています。

また麻酔外来周術期センターを新設しており、日帰り手術や短期の入院手術に対応する事で、患者の早期社会復帰・自立活動への徹底的サポートを行なっているのも特徴です。
こちらは手術室とも隣接しているため、手術時の患者の負担軽減、スムーズで効率的な麻酔業務にも期待が出来ます。

そして脳や脊髄等の危険性の及ぶ箇所に病巣がある場合にも安心、安全に治療の出来る高精度放射線治療装置も完備していますので、正確で高出力な照射により、短期的な放射線治療を行なえるのもポイントでしょう。