放射線治療によるがん治療

がんの治療法には手術療法、化学療法、放射線療法があり、放射線治療のイメージとしては、正常細胞は放射線を照射しますと一時的にダメージを追いますが、時間経過で回復をします。
一方でがん細胞同様に放射時にダメージをおいさらに正常な細胞と違い、ダメージで消えていくといわれています。

放射線治療の特徴や有用性は臓器や器官を切除せずに治療をおこなうことができ、元の臓器の機能を温存することが出来ます。さらに治療の痛みも最小限にすることができ、麻酔の必要もないとのことです。

放射線治療は副作用も少なく、より高い治療効果を期待することができるようです。

うつ病の最新医療

こちらの動画はうつ病患者の病室で、部署雄琴に別れた作業をしています。これは擬似的な職場環境を作り、職場への復帰を目指していくリハビリを行っています。
IT企業に勤める40代の男性は3年前に仕事に対するトラブルが発生し、それが原因でうつ病と診断され、それ以来、休職を繰り返しています。

酷いときは明け方まで一睡もできないという状態だった様子です。眠ったとしても一回おきると相しても眠れないということがあるそうです。

うつ病の患者は景気の低迷が続くこの10年で激増しているとのことです。
TMSという機材は機材によって微弱な電流を流し、前頭葉を刺激していきます。

最新医療脱毛 メディオスターNeXT

今までに医療脱毛機器は多くが進出してきましたが、こちらのメディオスターNeXTが流行している理由として、痛くない、永久脱毛、回数や期間が短いということがあります。

革新的な蓄熱式によって少しずつ熱を加えていきますので、熱さを感じにくくなっており、強力な冷却装置により、皮膚を熱から守りますので、痛くありません。

こちらの機器は発毛を命令するバルジに注目しており、発毛印紙であるバルジを破壊することが出来るのはメディオスターNeXTのみといわれています。そのため従来の商品以上に確実に高価を発揮することが出来る確実な永久脱毛といわれています。

メディオスターNeXT

レーザーによる脱毛は痛みが有り、肌の日焼けの管理などの必要になるなどの手間もありました。しかしメディオスターNeXTでは異なる脱毛の理論によって痛みや不便さを解消することが可能になりました。

コレまでのレーザーはレーザー光線の発生源は異なっていますが、黒い色に反応するレーザー光線の特性を利用し、毛根を熱破壊するという脱毛理論を用いた医療レーザー脱毛を行っていきます。

メディオスターNeXT PROは、毛根を破壊するのではなくバルジといわれる発毛因子を破壊することによって毛の再生を防ぎ脱毛を行っていきます。ダイオードレーザーを細かく照射することで、部位に蓄熱を行い、バルジを破壊します。