潰瘍性大腸炎の再生治療

潰瘍性大腸炎は、患者が16万人以上ととても多くの人が難病にかかっているのです。こちらの治療法が、薬療法という形だけなのです。どうにか難病を完治できないかと言うことで、東京医科歯科大学グループから、世界初の臨床研究計画が提出されたのです。

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜が炎症を起こし、激しい腹痛・下痢を繰り返す病なのです。症状が悪化すると大腸がんのリスクが高まり、患者の5%は重症化で大腸そのものを摘出しないといけないそうですよ。

東京医科歯科大学の臨床研究計画は、再生医療の技術で大腸の働きを再生・完治を目指すものです。その方法は、粘膜や組織を作り出す大腸上皮幹細胞を取り出します。培養して体外で幹細胞を増やしたら、増やした幹細胞を潰瘍を起こしている所に移植治療をすると大腸上皮の再生ができるそうなのです。
早くて、来年の春には手術するそうですので、発症している方、藁にもすがる思いで試したいですね。

認知症予防のワクチン

最近では医療が進歩し、色々なものが開発されています。
最新医療で治療ができるなんて幸せですよね、病気にはなりたくないですが、簡単に直せる治療法があるのでしたら紹介してほしいですよね。

今回は、認知症予防ワクチンについて紹介しようと思います。
アルツハイマー病は脳内で2種類のタンパク質が溜まって分解が起こらずに細胞が死んでしまって発症するのですが、ワクチンでは脳内のタンパク質を分解することで認知症の予防となるのです。
若年性アルツハイマー病が50代で発症することが多いそうですので、50代になる前に認知症の予防ワクチンをうけて見てはどうですか。

がんは遺伝子治療できる?

日本人の死亡原因第1位はがんですが、最近では、がん治療がしやすくなってきていますよ。ですが、難治性のがん治療は今でも難しいのが現状なのです。難しくしている理由は、がん細胞の不均一性だからだそうです。

今のがん治療は手術、化学療法、放射線療法の3種類ですが、患者様の期待に答えるような実績を挙げられてないのが現実だそうです。

しかし、がん細胞の不均一性を減らすという遺伝子治療でしたら、混合診療になりますが、今の治療法と併用して治療すれば今よりも効果があげられるらしいですよ。遺伝子治療を行うことで副作用もあらわれる可能性が有りますが、その体制を作れれば、遺伝子治療の実現ができそうなのです。

男性型脱毛症の治療

成人男性の脱毛する殆どは男性型脱毛症です。その男性型脱毛症の治療があるらしいですよ。男性型脱毛症(AGA)の方の毛根は死んでおらず生えてないわけではないのです。

健康な髪は、5-6年かけて太く長く成長して自然と脱毛し、生まれ変わりのサイクルを繰り返します。ですが、男性型脱毛症の髪は数カ月-1年で十分成長せずに細く短い状態で脱毛することになるのです。ですので、毛が薄く見えるのは錯覚で毛の本数は変わらないのです

男性型脱毛症のメカニズムには、ホルモンが関係しており、テストステロンが髪の毛根の酵素に入ることで、ジヒドロテストステロンに変換されてしまい髪が薄くなってしまうそうなのです。悪玉ホルモンに変える酵素が前頭部と頭頂部にしか存在しているのです。

飲む治療薬フィナステリドと塗る治療薬ミノキシジルで治療ができ、効果が実感されるのは3ヶ月位だそうです。男性はとても悩んでいる人が多いですよね、治療してみて損はないと思います。

うつ病の薬を使わない治療

うつ病は、従来、向精神薬を服用して治療されてきました。
向精神薬だけでは効果なく、他の薬品の併用している人も多いかと思います。
それが、多量多剤摂取に繋がってしまうというケースが有ったりするのです。

最近では、薬を使わない治療をすることに、注目が集まっています。その治療法におすすめの人は、気質的・性格的要因によるうつ状態で、薬の効き目を感じない方です。向精神薬の副作用が不安な人にもおすすめですよ。
薬を使わないで治療ができるのは、光療法やカウンセリング、認知療法等の治療法があるのです。こちらの方法は、肩こりや不眠症等を治癒する効果も期待できるそうですよ。

もし発症した場合は、薬だけに頼るのではなく、他の治療法に頼ってみてはどうですか、薬より高い効果が期待できますよ。

近赤外線でがん治療

がんは日本の人の人も発症する人多いですよね。抗癌剤治療ではできなかったことが、近赤外線で出来るようになる日が近づいているようですよ。

人体に無害な近赤外線を照射してがん細胞を消滅させる新しい治療法が開発されたと世界の注目を集めています。
その治療法は、近赤外線免疫治療法といい、米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発したそうです。
開発された新しい治療法はがん細胞の死滅率が極めて高く、殆どのがんに適用できるのです。転移がんにも有効で副作用がなく、必要な設備や薬品は安価なので医療貢献もでき、がん患者のがん治療にも貢献できるようなのです。

順調に研究が進んでおり、研究が大詰めになっているそうなので、早く実装され、治療結果がたくさん出るといいですね。

1滴の血で早期発見

日本人、死因第1位はがんです。
2位は心臓疾患、3位は肺炎、4位は脳血管疾患となっているのが現状です。

血液中のがんに対する物質が放つ光を捉え、がんの有無を診断する手法を開発しました。
わずか1滴の血液を使って3分以内に診断できるという手軽さだそうですよ。たった1滴の血液でがんが分かるようになったらとても便利で画期的ですね。

初期のがんでは腫瘍が小さく画像検査では発見が難しく、また、従来の血液検査ではがんになると増える物質を調べる方法があるが、初期のがんは検出されにくい等の問題があったのです。そのため、実際に早期発見ができるとは限らないのです。

この器具を使えば、レーザーを当てて検出した量でがんを診断する手法なので、とてもわかりやすいです。早期発見も出来るので、早く技術を確立させて、健康診断で実施してほしいですね。

循環器系の疾患を予防しよう

循環器病の代表といえば脳卒中や心筋梗塞が挙げられますが、ある日突然誰にでも起こり得る症状ですから、今のうちにリスクを減らして健康な体を手に入れましょう。

循環器系の病気の主な原因が動脈硬化ですから、動脈硬化の原因である糖尿病や高血圧、脂質異常などの生活習慣病を日頃から予防することが大切ですよ。

ある日本の都市の住民の健康を調査したことにより、10年間のうちに疾患になりやすいリスクをスコアとして数値として予測されますので、自分や家族は大丈夫かどうか確認してみてはいかがでしょう。

毎年の健康診断で人間ドッグを受けてみることも大切ですが、近年では高度な循環ドッグを利用することもできますので、より詳しく調べて日頃から歩くなどの運動を行いましょう。

新薬でガンを治療?

近年、ガン治療の分野で技術の躍進が注目されていて、来年度にも認可されるという新しい治療方法が話題になっています。

胃がんの原因としてピロリ菌が重要とされていますが、ガンの発生を抑制するためにはピロリ菌を除菌することが大切だと言われています。

これまでは、ガンの治療として放射線や抗がん剤、手術による治療が行われていましたが、新しい「ニボルマブ」という新薬を使う免疫療法が注目されていますよ。

今までの薬では、ガン細胞により免疫細胞の動きが止められていましたが、新薬では今までの三大治療方法で効果が得られなかった患者の3割に効果が出ているとのことですから、日本人の国民病であるガンを改善してほしいですね。

さらに、ナノマシンを使った治療方法も来年度からの活用が期待されていますよ。

胃がんの最新治療は栄養が大切?

胃がんは、早期発見や早期の治療ができれば、95%の確率で完治することが可能な治りやすい疾患であり、食事や栄養について気を使うことにより、ガンの治療に立ち向かうための体力を付けることができると言われています。

ガンと上手く付き合うためには、バランスの良い栄養や食事を摂取することが大切だと提唱されるようになっていて、体重の量も術後の生存率に関係していますので、体重を減らさず健康的な体を手に入れるにもしっかりと食べましょう。

胃がんの手術後は体重が減りやすいと言われていますが、体重が減少することにより、今後の治療にも悪い影響を及ぼしたり、生活の質が低下するとのことですから、術後の体重減少を抑えるために、ゆっくりとよく噛んで食べて栄養摂取しましょう。