うつ病の最新医療

こちらの動画はうつ病患者の病室で、部署雄琴に別れた作業をしています。これは擬似的な職場環境を作り、職場への復帰を目指していくリハビリを行っています。
IT企業に勤める40代の男性は3年前に仕事に対するトラブルが発生し、それが原因でうつ病と診断され、それ以来、休職を繰り返しています。

酷いときは明け方まで一睡もできないという状態だった様子です。眠ったとしても一回おきると相しても眠れないということがあるそうです。

うつ病の患者は景気の低迷が続くこの10年で激増しているとのことです。
TMSという機材は機材によって微弱な電流を流し、前頭葉を刺激していきます。

最新医療脱毛 メディオスターNeXT

今までに医療脱毛機器は多くが進出してきましたが、こちらのメディオスターNeXTが流行している理由として、痛くない、永久脱毛、回数や期間が短いということがあります。

革新的な蓄熱式によって少しずつ熱を加えていきますので、熱さを感じにくくなっており、強力な冷却装置により、皮膚を熱から守りますので、痛くありません。

こちらの機器は発毛を命令するバルジに注目しており、発毛印紙であるバルジを破壊することが出来るのはメディオスターNeXTのみといわれています。そのため従来の商品以上に確実に高価を発揮することが出来る確実な永久脱毛といわれています。

サイバーナイフ

こちらの動画ではサイバーナイフの治療方法を紹介しており、まずは白い網をかぶせていきますが、コレがマスクになるようです。いままでは皮膚に穴を開けて固定する場合もありました。

しかしこのマスクは患者さんの頭の形にぴったりと合わせて固定されますので、かぶせるだけで固定することが出来ます。

放射線治療は先端から出ている放射線をがん細胞に当てることでがんの進行を抑えて病変を徐々に小さくする治療法です。また頭がわずかに動いた場合でも照射光が動くことによってがんの部分を正確に照射するkとが可能となっています。

患者さんの負担も少なく小さなお子様にも治療をおこなうことができるようです。

ラジオ波焼灼術とは

ラジオ波焼灼術は肝臓がんを死滅させるために行われる治療でラジオ波とは、AMラジオなどの周波数に近い周波数約450キロヘルツの高周波のことで他の医療機器などに使用する高周波と同じものとなっています。

腫瘍の中に直径1.5ミリの電極針を挿入し、ラジオ波電流を流すことによって電極周囲に発生させた熱によって病変を固めていきます。
固まった細胞は細胞の機能が失われてしまったためにまもなく死んでしまうことによってがんの症状を抑えるという手法です。

お腹の中や胸の中にカメラを入れて観察しながら電極を挿入する施設もあり、研究が進められています。

メディオスターNeXT

レーザーによる脱毛は痛みが有り、肌の日焼けの管理などの必要になるなどの手間もありました。しかしメディオスターNeXTでは異なる脱毛の理論によって痛みや不便さを解消することが可能になりました。

コレまでのレーザーはレーザー光線の発生源は異なっていますが、黒い色に反応するレーザー光線の特性を利用し、毛根を熱破壊するという脱毛理論を用いた医療レーザー脱毛を行っていきます。

メディオスターNeXT PROは、毛根を破壊するのではなくバルジといわれる発毛因子を破壊することによって毛の再生を防ぎ脱毛を行っていきます。ダイオードレーザーを細かく照射することで、部位に蓄熱を行い、バルジを破壊します。

医療機関向きのアロマオイル

殺菌アロマの基本はティートリーで制約の効果といった意味では漢方薬と同じであると解説されているかと思います。

ティートリーが薬品的な清潔感のある香りがして、この薬品の大きな特徴としては感染力をもつ細菌、真菌、ウイルスなどの微生物を抑制する作用や免疫機構を刺激する強い作用をもっています。

感染症になったときには身体の能力を強くするように働きます。多数の研究で強力な殺菌作用や傷を治す効果が証明されています。
優れた抗感染作用があり、免疫力を高めますので、風邪やインフルエンザの予防にもよく用いられます。

呼吸器系の痛みや炎症をやわらげる効果もあり、多くの医療用の薬品として使用しています。

ドクターヘリ

ヘリコプターを使った救急医療活動は世界中で行われており、一般にはヘリコプター救急で知られているかと思います。特に日本では医師がヘリコプターに乗って患者さんの下へ駆けつけることによってドクターヘリということでも知られています。

ドクターヘリの基本的な要件は、医療機器を装備し医薬品を搭載したヘリコプターをしようして病院の敷地内に待機し、出動要請があった場合に医師と看護師が乗って現場へ急ぎます。

患者さんのそばに着陸し、その場でけが人や急病人を治療し、病状に適した医療施設へ患者さんを搬送します。医療スタッフをいち早く救急現場へ送りこむさらに患者さんを迅速に病院に送り届ける重要な役割をもっています。

手術を受ける前に知っておきたいこと

手術を受ける際にどんなことを行うのか、家族はどんな対応をすべきなのか、不安に感じることもあると思いますのでご紹介いたします。

手術前日までの準備として看護師から手術衣が渡されて、手術前に着る下着や手術後に着用する下着は売店などから患者さんに準備してもらう場合がありますよ。

当日は、装飾品は身に付けずに、支給される術前食の飲料水を決められた時間に飲んでから手術衣と下着に着替えましょう。

手術室は看護師と一緒に向かい、ご家族が同伴できるかどうかは各病院によってことなりますが、お子さんの場合には、ご家族の同伴が認められる場合があり、麻酔により眠るまで付き添うことができますよ。

専用の帽子を着用したら、歩きかストレッチャー、車椅子を使用して入室する場合があり、患者さんの状態や情報を確認してから手術室に入るのです。

医療法の解説

医療法の改定に関する解説をされている動画です。
特定機能病院における医療の高度の安全の確保について特定機能病院において医療安全に関する重大な事案が発生したことを踏まえて、適切な管理者の戦意や監査委員会に設置等の措置がぎむぢ蹴られています。
 
また医療に関して広告規制を見直しており、医療機関のサイトなどの表示の適正化のために虚位のものや誇大な表示等を禁止しています。

ゲノム医療の実用化に向けて遺伝子関連検査の制度を確保するために制度基管理の基準を明確にして医療の技術にあわせた検体検査を見直すことが義務化されています。

心筋梗塞の予兆とは?

心臓病は、日本だけでなく世界でも深刻な問題として取り上げられており、その中でも心筋梗塞には、1ヶ月前に予兆があると言われているのです。

心筋梗塞とは心臓の動脈が硬化することで、血栓が詰まってしまい、血液の流れが滞る病気ですが、心筋が壊れていきますので、心筋梗塞起こして万が一助かったとしても、壊死した筋肉や血管は回復することがないので注意が必要なのです。

心筋梗塞は迅速に対処しないと命にも関わる病気ですので、心筋梗塞になる前の前兆を見極めて早急に対処する必要があり、心筋梗塞を発生した8割もの人に兆候が見られているそうですよ。

前兆として、疲労感のある方、胸の圧迫感や息切れ・動悸、背中の痺れや冷や汗、めまいなどを感じるという方は病院に行き検査したほうが良いでしょう。